米ブリッジウォーター、欧州株値下がり見越し1兆5000億円強の取引

  • 独アディダス株の売り持ちは約176万株-9日の届け出
  • 3月のイタリア総選挙控え、エネルやENIも空売り対象に

世界最大のヘッジファンド、米ブリッジウォーター・アソシエーツは今、欧州株値下がりを見越した140億ドル(約1兆5000億円)超の取引を行っている。先にドイツのエンジニアリング会社シーメンスに対する10億ドル相当の売り持ちを開示していた。

  ブリッジウォーターの欧州でのショートは今月4倍余りの水準に膨らみ、スポーツ用品メーカーの独アディダスなども空売りの対象となっている。ブリッジウォーターによる9日の届け出に基づくと、同社のアディダス株売り持ちは約176万株。

 

ブリッジウォーター創業者のレイ・ダリオ氏

(出所:Bloomberg)

  ブリッジウォーターは3月のイタリア総選挙を控え、銀行のインテーザ・サンパオロや電力会社のエネル、石油会社ENIなど同国企業のショートポジションを積み上げている。総選挙では明確な勝敗が示されず、経済改革の妨げになる可能性が高い。ブリッジウォーターはまた欧州のエネルギーと製造業、建設会社の株価下落を見込んだ取引もしている。

原題:Bridgewater Takes Short Bet Against Europe to $14 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE