米ブラックストーン:安邦への売却資産の再取得を検討-関係者

ブラックストーン・グループがニューヨークの高級ホテル、ウォルドルフ・アストリアを再び所有できる可能性がある。ブラックストーン傘下のヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスは4年前に同ホテルを中国の安邦保険集団に売却した。

  事情に詳しい関係者の話によればブラックストーンは、安邦が中国政府監督の下で売却する資産の入札について予備的交渉を進めている。売却対象にはウォルドルフのほか、ブラックストーンが2016年に安邦に売却したストラテジック・ホテルズ・アンド・リゾーツも含まれている。ブラックストーンの交渉はまだ初期段階であり、入札に一切名乗りを上げない可能性もあると関係者の1人が述べた。

  安邦の担当者は12日、海外資産の売却計画はないと繰り返した。ブラックストーンの広報担当者はコメントを拒否。中国保険監督管理委員会(保監会)にコメントを求めたが返答は得られていない。

  ヒルトンはウォルドルフ・アストリアを19億5000万ドル(約2116億円)で売却。米国のホテル1件の売却額としては過去最高だった。

原題:Blackstone Is Said to Weigh Bidding for Assets It Sold to Anbang(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE