米国は北朝鮮と対話の用意-ペンス副大統領がWP紙に語る

米国は北朝鮮への圧力を維持する一方で、同国の核プログラムに関して協議に取り組む用意がある。米紙ワシントン・ポストが11日、ペンス副大統領とのインタビューを引用して伝えた。

  同副大統領と韓国の文在寅大統領は平昌冬季五輪に際して会談し、五輪後の戦略で合意。同氏は戦略について「最大限の圧力と同時の関与」と呼んでいる。五輪からの帰途、同紙とのインタビューに応じた。

  副大統領は「要点は非核化に向けた重要な措置とわれわれが確信する事柄を彼らが実行するまで、圧力は停止しないということだ」と指摘。「つまり最大限の圧力は続き、強まる。だが、対話を望めば、話をするだろう」と述べた。

  ペンス副大統領の発言は、北朝鮮が非核化の目標に最初に同意するまで同国とのいかなる対話にも関与しないとのトランプ政権の従来のスタンスからの転換となる。

原題:U.S. Ready to Talk to North Korea, Pence Tells Washington Post(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE