タカタ米子会社、エアバッグ訴訟の原告らと和解-再建へ道筋

  • 米連邦破産裁判所に提出した文書で明らかにした
  • 米子会社は13日に再編計画の最終承認を求める計画

タカタの米子会社TKホールディングスは、タカタ製エアバッグの欠陥の被害者団体二つと和解した。 米連邦破産裁判所に提出した文書で明らかにした。

  TKホールディングスは13日、再編計画の最終承認を求める。同計画は資産売却と、エアバッグ訴訟に対応する信託の創設を基本にしている。提出文書によれば、エアバッグ訴訟の原告を代表する二つの団体は同計画への反対を取り下げることで合意した。

  同再編計画の下では、信託がエアバッグ訴訟に対処し、タカタと、同計画への参画で合意しているホンダなどの自動車メーカーは訴訟を免れることになる。

原題:Takata Settles Air-Bag Claims to Clear Way Out of Bankruptcy (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE