EU、無秩序な英離脱のリスクを警告-移行期巡る交渉が暗礁に

英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉は9日、EU側交渉責任者ミシェル・バルニエ氏の発言を受けて暗礁に乗り上げた。同氏の発言で英国が2019年に強硬な形で離脱し、法的に中途半端な状態に陥る可能性が高まった。英国側の反発を招き、外国為替市場ではポンドが対ドルで下落した。

  バルニエ氏は、協議で成し遂げたいことについて英国の説明を待っているとし、2年間の移行期間の条件に関し英国が反対し続けていることが合意成立の確率を損ねる恐れがあるとくぎを刺した。同氏はブリュッセルで記者団に対し、今後も論争が続くなら、企業が至急必要としている移行期間に関する合意が成り立って当然と考えるべきではないと語った。

EUのミシェル・バルニエ氏

ブルームバーグ

  英国のデービスEU離脱担当相はバルニエ氏の発言に驚かされたと述べ、協議に対するEUのアプローチには「根本的な矛盾」があると非難した。

原題:EU Warns of Brexit Chaos Risk as Transition Talks Stumble (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE