米ウーバーがウェイモと和解-株式2.45億ドル相当支払いへ

更新日時

配車サービスを手掛ける米ウーバー・テクノロジーズは、自動運転技術を巡りアルファベット傘下のウェイモが起こした訴訟で、約2億4500万ドル(約265億7000万円)相当の自社株をウェイモに支払うことで和解が成立した。ウェイモは、企業秘密を盗まれたとしてウーバーを提訴していた。

  ウェイモの発表によれば、同社はウーバーの株式0.34%を保有することになる。ウーバーの法務顧問トニー・ウェスト氏は和解に関してコメントを避けた。

  ウェイモは、同社のエンジニアだったアンソニー・レバンドウスキー氏が2015年にウーバーと共謀し、1万4000点余りのファイルを盗み出す計画を企てたと主張していた。

原題:Uber Agrees to Pay Waymo $245 Million in Equity to Settle Suit(抜粋)

(情報を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE