ポールソン、NY本社をピアノメーカーのオフィスに移転へ-関係者

  • ポールソンは運用の失敗で顧客が資産引き揚げ、人員の離散に直面
  • 運用資産は90億ドルに激減、しかも8割は自己資産

これからはジョン・ポールソン氏を「ピアノ・マン」と呼ぼう。

  ポールソン氏が率いるヘッジファンド会社ポールソンは、ニューヨークの本社を年内にスタインウェイ・ミュージカル・インスツルメンツのオフィスに移す方針だと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ポールソン氏は、老舗ピアノメーカーを傘下に持つスタインウェイを2013年に買収した。

ジョン・ポールソン氏

Photographer: Jin Lee/Bloomberg

  情報は非公開だとして匿名を条件に語った関係者らによれば、ポールソンは過去10年間にわたり6番街1251番地をオフィスとして使用してきたが、今夏のリース契約切れをもって退去。スタインウェイが契約している6番街1133番地のオフィススペースの長期リースを引き継ぐ。ポールソン氏は10年前、米住宅市場の崩壊を予測した投資で名声を得た。

  関係者のうち1人によれば、ポールソンの現在の従業員数は95人程度。規制当局への届け出によれば、2016年時点では128人だった。現在の運用資産額は90億ドル(約9800億円)。ピークの2011年は380億ドルだった。運用のつまずきからファンドのパフォーマンス不振や顧客の資産引き揚げに見舞われ、現在では運用資産全体の約8割をポールソン氏の自己資金が占めていると、ブルームバーグは1月に報じた。
  
原題:As Paulson Shrinks, Hedge Fund Said Moving Into Steinway Offices(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE