米ウォルマート、印フリップカート株最大20%取得で交渉-関係者

更新日時
  • インドの潜在性に世界の企業が照準を合わせている
  • アマゾンにとって一段と強力なライバルに-シンハル氏

小売り世界最大手の米ウォルマートはインドのフリップカート・オンライン・サービシズの株式最大20%を数十億ドルで取得することで協議している。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  情報は未公開だとして匿名を条件に語った同関係者によると、ウォルマートの投資でフリップカートの企業価値は最大200億ドル(約2兆1790億円)に増える見通し。調査会社CBインサイツによれば、フリップカートの企業価値は約120億ドル。交渉は進展した段階であるものの、条件はなお変更の可能性があり、取引がまとまらない公算もあると同関係者は語った。

  インドの潜在性に世界の企業が照準を合わせる中、この1年で同国の電子商取引は競争が激化。同市場ではフリップカートが首位を走るが、米アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏は、インド市場でのシェア獲得に向け50億ドルの投資を表明。中国のアリババ・グループ・ホールディングは現地の新興企業ペイティーエム・イーコマースを支援している。

  ニューデリー拠点の小売りコンサルタント、テクノパック・アドバイザーズのアルビンド・シンハル会長は「ウォルマートはフリップカートをアマゾンにとって一段と強力なライバルにするだろう」と述べた上で、「戦略上、力を合わせることは両社にとって理にかなう」と語った。

  フリップカートとウォルマートにコメントを求めたが、今のところ返答はない。

原題:Walmart Is Said in Talks to Spend Billions for Flipkart Stake(抜粋)

(2段落目以降に詳細を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE