米ウォルマート、スクエアCFOを取締役に-テクノロジー強化図る

  • 電子商取引でアマゾンに挑むため、シリコンバレーのノウハウ求める
  • 元ヤフーのメイヤー氏やインスタグラムのシストロム氏も取締役

米小売りウォルマートが、テクノロジーに通じた人材を取締役会に送り込んでいる。同社は電子商取引でアマゾン・ドット・コムに挑む動きを強めている。

  ウォルマートの8日発表によると、デジタル決済を手掛ける米スクエアのサラ・フライヤー最高財務責任者(CFO)が12人目の取締役に就任する。フライヤー氏(45)はセールスフォース・ドット・コムで勤務した経験を持つアイルランド人。ウォルマートはこのほか、元ヤフー最高経営責任者(CEO)のマリッサ・メイヤー氏やインスタグラムのケビン・シストロムCEOも取締役に迎えている。

  ウォルマートは電子商取引事業を拡大しアマゾンの独占を崩そうと、シリコンバレーのノウハウ獲得に力を入れてきた。昨年には、仮想現実(VR)など新興分野のベンチャー企業を育てるインキュベーターラボを設立。グーグルや中国のJDドットコム(京東)、最近では日本の楽天とも提携するなど、テクノロジー大手との結び付きも強めている。

原題:Walmart Adds Square Executive to Board in Sign of Tech Ambitions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE