メキシコ中銀、2会合連続で利上げ-インフレ急上昇で

  • 政策金利を7.5%と、従来から0.25ポイント引き上げ
  • インフレ率は加速し、16年ぶりの高い水準

メキシコ中央銀行は政策金利を2会合連続で引き上げた。インフレが16年ぶりの速いペースで伸びたことに対応した。

  メキシコ中銀は8日、借り入れコストを0.25ポイント引き上げ7.5%に設定した。ブルームバーグが調査したエコノミスト26人中、23人が7.5%への利上げを予想していた。3人は政策据え置きを見込んでいた。昨年12月の消費者物価指数は前年比6.77%上昇と、同中銀目標(3%)の2倍を上回る伸びだった。

原題:Mexico Raises Key Rate for Second Meeting After Inflation Surge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE