韓国大統領、北朝鮮代表団と昼食へ-北軍事パレードにICBM登場

  • 昼食会の北朝鮮側出席者は明かされず、正恩氏妹も訪韓
  • 平壌では大規模な軍事パレード、新型ICBM「火星15」など披露

韓国の文在寅大統領は北朝鮮の高位級代表団と10日に昼食会を予定している。北朝鮮の首都平壌で大規模な軍事パレードが行われた後に、韓国大統領府が発表した。

  韓国大統領府は昼食会への北朝鮮側参加者について言及していない。平昌五輪開会式に出席する北朝鮮の代表団には、金正恩朝鮮労働党委員長の妹である金与正氏も加わる。

  一方、北朝鮮は8日、金正恩氏出席の下で大規模な軍事パレードを実施。同氏は「軍事大国としての北朝鮮の地位を示す」と兵士らに号令をかけ、パレードでは新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」を積載した移動式発射装置少なくとも4機が披露された。昨年11月にテスト発射済みのこのミサイルは、米ワシントンにも到達可能だと専門家はみている。

  北朝鮮はこの軍事パレードを生中継しなかったが、国営メディアで録画放送した。

原題:South Korea’s Moon Grants North Meeting as Kim Parades Missiles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE