テスラ、屋上太陽光パネル市場での優位を失う可能性

From

米テスラは屋上太陽光パネル市場におけるリードを失いつつあるのかもしれない。

  テスラの7日の発表によると、同社は昨年10-12月(第4四半期)に87メガワット相当の屋上太陽光パネルを取り付けた。前年同期の201メガワットから減少するとともに、太陽光システムの設置などを手掛けるソーラーシティーを20億ドル(現在の為替レートで約2200億円)で買収した2016年以降で最低水準だった。テスラはその理由の一つとして、訪問販売からの転換を挙げている。テスラの広報担当者はコメントを控えた。

  テスラの10-12月の実績はまた、太陽光パネル設置事業のライバル、サンランが7-9月(第3四半期)に設置した90メガワットを下回る。サンランは3月に第4四半期の決算を発表する予定で、その際に市場の動向を理解する上でより良いヒントが得られるだろう。同社は7日、コメントを差し控えた。

  ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスのアナリスト、ヒュー・ブロムリー氏は「テスラあるいはソーラーシティーが発表した四半期ベースの太陽光パネル設置規模としては、市場規模が今よりも約40%小さかった14年1-3月(第1四半期)以降で最小だ」と指摘した。

Solar Slump

SolarCity's installations have declined since the company was acquired by Tesla

Source: Company Reports

原題:Tesla May Be About to Lose Its Throne as King of Rooftop Solar(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE