科学は時差ぼけを防止できるか-超長距離便増で航空会社の対策急務に

  • 豪カンタス航空はシドニーの科学者らと共に症状緩和の方法を研究
  • より長距離の飛行を可能にする新型機の登場で健康リスク上昇も

ノンストップで地球を半周する超長距離便の登場により、航空各社はある避けられない状況への対応を余儀なくされている。それは時差ぼけでしつこい不眠症や長びく疲労、便秘に悩まされることだ。

  オーストラリアと欧州を結ぶ初の直行便を3月に就航させるカンタス航空は、17時間のフライトで生じる時差ぼけを抑制する方法を探るためシドニーの科学者らと共同で研究している。夜明けや夕暮れを疑似体験させるため、同社は機内の照明の色や照度を1日の時間帯によって変えたり、乗客の睡眠・覚醒サイクルを目的地の時間に合わせるため客室の温度や食事のタイミングを調整したりしている。

カンタス航空はボーイング787-9ドリーマー8機を発注

Source: Qantas

  航空技術の進歩によって航空機の飛行可能時間が伸びる中、カンタスのパース・ロンドン便が新たな試金石となる。エミレーツ航空やカタール航空、ユナイテッド航空も中東とニュージーランド、ヒューストンとシドニーをそれぞれ結ぶ路線を運航。シンガポール航空はエアバスの最新鋭機が今年納入されれば、19時間のシンガポール・ニューヨーク便を再開できる。それは心身のストレスを判定する最高のテストとなるだろう。

  時差ぼけの主因は、脳波活動からホルモン生成や細胞再生に至る全てをつかさどる体内時計を狂わす24時間周期の乱れだ。

  カンタスと共同研究を行っているシドニー大学・チャールズ・パーキンス・センターのアカデミックディレクター、スティーブ・シンプソン氏によると、体内時計をリセットする主なきっかけとなるのは光だという。ただ、適切な状況下でさえ、生物学的に体内時計をリセットできるのは1日にわずか90分ずつだ。日光を浴びるタイミングが悪かったり、スナックのチョイスや食べる時間を間違えたりすれば、何日も苦しむことになりかねないと同氏は語る。

  シンプソン氏は「あなたにできるのはできるだけ早く目的地の時間帯に合わせ、生活サイクルを整えるようにすることだ」と述べた。

  カンタスとチャールズ・パーキンス・センターの心理学者や栄養学者、睡眠専門家の取り組みで浮き彫りになった真実は、時差ぼけを完全に防ぐ方法はないということだ。しかし、カンタスやカタール航空が新たな長距離便の座席を埋めるには、人間への影響をより耐えやすいものにする必要がある。

カンタス航空向けボーイング787-9(ドリームライナー)

出典:カンタス

原題:Can Science Beat Jet Lag? Airlines Seek Help for 19-Hour Flights(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE