ウィン・リゾーツ会長兼CEOが辞任-セクハラ疑惑のさなか

カジノ運営会社ウィン・リゾーツの創業者スティーブ・ウィン氏が、同社の最高経営責任者(CEO)と会長の職から退いた。ウィン氏については複数の女性に対するセクハラ疑惑が報じられていた。

  同社の取締役会は6日遅くの発表資料で、マット・マドックス社長をCEOに起用することを明らかにした。即日就任する。

  米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は1月26日、ウィン氏のラスベガスのリゾート施設でネイリストを勤めていた女性が性的関係を迫られたと訴えたことについて、同氏が750万ドル(約8億2000万円)支払うことで決着したと報道。他の複数の女性へのセクハラ疑惑などについても伝えていた。ウィン氏(76)はこうした疑惑を否定している。

原題:Wynn Steps Down as CEO of Wynn Resorts After Sex Allegations (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE