米スナップ:10-12月期の売上高、予想上回る-利用者や広告増で

  • 10-12月期の売上高は2億8570万ドル、予想2億5280万ドル
  • 1日当たりのアクティブユーザー数は前年同期比18%増

スナップが6日発表した2017年10-12月(第4四半期)の売上高はアナリスト予想を上回った。上場後の四半期決算では初の上振れ。写真・動画共有アプリ「スナップチャット」への広告掲載が増加した。

  同社の10-12月期の売上高は前年同期比72%増の2億8570万ドル(約313億円)。ブルームバーグの集計データによれば、アナリストの予想平均は2億5280万ドルだった。1日当たりのアクティブユーザー数(DAU)は1億8700万人と、前年同期から18%増加し、アナリスト予想(1億8430万人)も上回った。

  一部項目を除いた1株損益は13セントの赤字となり、赤字幅はアナリスト予想(16セント)よりも小さかった。純損益は3億5000万ドルの赤字。17年通期は34億5000万ドルの赤字だった。

  6日の通常取引後の時間外取引でスナップ株は一時31%上昇した。

Steady Growth

Snap's daily active users is approaching 200 million

Source: Bloomberg

原題:Snap Revenue Surges on User Growth, Advertising Gains (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE