Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

株式市場の混乱が世界に拡大、主要株価指数が「売られ過ぎ」に

テクニカル指標の一つによると、世界的な金融市場の大混乱を受けて、主要株価指数が軒並み売られ過ぎの領域に入った。

  世界同時株安でS&P500種株価指数、MSCIアジア太平洋指数、MSCIワールド指数、日経平均株価、ストックス600指数、ラッセル2000指数などの下落ペースがあまりに速すぎたことを、相対力指数(RSI、14日ベース)は示した。

  世界の主要指数が記録的な買われ過ぎ水準に達し、高揚感に包まれていた1月から状況が一変したことになる。

  RSIは相場変動の規模と速度を追跡するテクニカル指標。一般的に、RSIが70を超えた株価指数は買われ過ぎ、30を下回った指数は売られ過ぎと考えられる。

原題:Equity Panic Goes Global as Indexes Trade at Oversold Levels(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE