クレディ・スイス:VIX連動証券で損失被っていない

  • ベロシティシェアETNの6日の取引は停止
  • ノムラはVIX連動ETNの早期償還を決めた

スイスの銀行クレディ・スイス・グループは6日、市場のボラティリティーを利用した投資手段となっている上場投資証券(ETN)に関連して、トレーディング損失は被っていないと発表した。

  クレディ・スイスは発表文で、「一部メディアから問い合わせがあったが、ベロシティシェアーズ・デーリー・インバースVIX短期ETN(2030年12月4日償還)によってトレーディング損失を被ってはいない」と説明した。

  銘柄コードXIVの同ETNの取引は6日、停止されている。このETNが連動するオプション取引所CBOEのボラティティ指数VIXは、5日に過去最大の上昇を記録した。VIX急上昇を受けてノムラ・ヨーロッパ・ファイナンスは既に、ネクスト・ノーツ・S&P500VIX短期先物インバース・デーリー・エクセス・リターン指数ETNの早期償還を発表している。同ETNの残高は324億円。

  クレディ・スイス株は6日一時8.5%安となった。

原題:Credit Suisse Says It Saw No Losses From VIX-Linked Securities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE