Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

ビットコイン、一時の6000ドル割れから反転上昇-乱高下続く

更新日時
From
  • 一時17%安の5922ドル付けたが反転、6営業日ぶりに上昇
  • カルステンスBIS総支配人は取り締まりの必要性指摘
Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

6日の取引で仮想通貨ビットコインは一時6000ドルを割り込んだものの、その後持ち直し6営業日ぶりに上昇した。米証券取引委員会(SEC)のクレイトン委員長は6日の議会証言で、当局は規制に必要な監督権限を既に持っていると発言した。

  クレイトン委員長と米商品先物取引委員会(CFTC)のジャンカルロ委員長は、仮想通貨のスポット市場とオンライン取引プラットフォームに対する監督権限を当局に与える法整備が必要かもしれないとの考えも示した。

  国際決済銀行(BIS)のカルステンス総支配人は、監督当局が仮想通貨を取り締まる「強い理由」があるとし、中央銀行が財務省や税務当局、金融市場監督当局とともに「デジタル・フロンティア」の治安維持を担うべきだと語った。

  ブルームバーグがまとめた価格によると、ビットコインは一時17%安の5922ドルとなっていたが、持ち直した。ニューヨーク時間6日午後4時(日本時間7日午前6時)時点は前日午後5時に比べ6%高の7523ドル。

原題:Cryptocurrencies Fluctuate as Regulatory Spotlight Increases(抜粋)
Bitcoin Snaps Slide as Crypto Markets Dodge Push for Regulation
Bitcoin Rises 6% to $7,523; Ripple Up 5.6%

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE