コンテンツにスキップする
Photographer: Akio Kon/Bloomberg
cojp

北朝鮮がコインチェック仮想通貨流出を画策か、韓国が調査開始-議員

  • 韓国の国家情報院、北朝鮮が関与した可能性を調査
  • 北朝鮮のサイバー攻撃組織と関連した過去の事件との類似性
An error page is displayed on cryptocurrency exchange Coincheck Inc.'s Bitcoin Wallet app in an arranged photograph in Kawasaki, Kanagawa Prefecture, Japan, on Monday, Jan. 29, 2018. Japanese cryptocurrency exchange Coincheck said it will use its own capital to reimburse customers who lost money in Friday's $400 million theft.
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

韓国の国家情報院(NIS)は日本の仮想通貨交換業者コインチェックからデジタル通貨580億円相当が流出した事件について、北朝鮮のハッカーらが画策した可能性を調査し始めた。NISのトップとの会合に出席した韓国の議員1人が明らかにした。

  同議員が匿名を条件に語ったところによれば、NISは仮想通貨の奪取としては過去最大級となった先月の事件について、北朝鮮のサイバー攻撃組織と関連した過去の事件との類似性に基づいて調べを進めている。NISは海外当局の協力を得て事件を調べているという。

  NISはコインチェックの事件に北朝鮮が関与した証拠を発見できていないが、過去のサイバー攻撃で見られた北朝鮮の履歴やパターンに基づきその可能性を調査している。NISと国防省のコメントは現時点で得られていない。

原題:North Korea Is Said to be Suspected of Hatching Coincheck Heist(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE