急落のVIX連動ETP保有者はここだ-見た目より痛み大きい可能性

  • 5日の米国市場、VIX指数は過去最大の上昇を記録
  • 「クレディ・スイスに重大な影響はない」-シャープ氏

オプション取引所CBOEのボラティリティー指数(VIX)が5日に過去最大の上昇を記録し、この指数に連動する2つのインバース上場取引型金融商品(ETP)が急落する中、市場ではこの商品の保有者に関心が集まっている。

  ブルームバーグが集計したデータによると、クレディ・スイスが組成した上場投資証券(ETN)「ベロシティシェアーズ・デーリー・インバースVIX短期先物(XIV)」の最大保有者は同社自体で480万株(32%)。5日の日中高値は118ドルだったが、時間外取引で15ドル付近まで急落した。クレディ・スイス広報のニコラス・シャープ氏はブルームバーグに対し文書で、「このETNの動きは5日の市場のボラティリティーを反映している。クレディ・スイスに重大な影響はない」と説明した。

  昨年9月30日現在でその他の保有機関上位は以下の通り:

  • ドイツ銀行:3.8%
  • モルガン・スタンレー:2.6%
  • シタデル:2.6%
  • フロー・トレーダーズUS:1.9%
  • ツー・シグマ:1.2%
  • CTC:1.1%
  • キール・ポイント:0.6%
  • ジェーン・ストリート・グループ:0.4%

      
  上場投資信託(ETF)の「プロシェアーズ・ショートVIX短期先物(SVXY)」も同様に下げた。昨年9月30日時点で16%保有するジェーン・ストリートが最大保有者。2位以下は次の通り:

  • サスケハナ:10%
  • クレディ・スイス:2.2%
  • バーチュ・ファイナンシャル:1.8%
  • パワー・コープ・オブ・カナダ:1.4%
  • モルガン・スタンレー:1.2%
  • フロー・トレーダーズUS:1.1%
  • ハーバード・マネジメント:0.9%
  • ゴールドマン・サックス:0.4%

           

  ETPが清算される可能性を指摘する一部トレーダーの目論見書の解釈を踏まえると、保有者の痛みは見た目より大きい可能性がある。

  一方、これらの銀行とファンドの一部は「プロシェアーズ・ウルトラVIX短期先物(UVXY)」も保有。レバレッジが2倍の同ETFは5日に66%上昇し、取引時間外でさらに上値を伸ばした。最大保有者はバークレイズで3.2%、この後にジェーン・ストリート、SGアメリカズ、モントリオール銀行、クレディ・スイス、フロー・トレーダーズUSが続く。

原題:Here’s Who Owned Those Crumbling VIX Notes as of Last Filing (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE