クレジットトレーダーは死に物狂いでヘッジ-株式相場急落受け

  • 投資適格級の社債の保証コストは11%上昇、約1年で最大の上げ
  • クレジットデリバティブ指数の取引高も急増

米国の優良企業の社債に対する投資家の不安を反映する指標が5日、約1年で最大の上昇を記録した。株価急落で投資家のリスクオフ姿勢に拍車が掛かった。

  マークイットCDX北米投資適格指数によると、投資適格級の社債バスケットのデフォルト(債務不履行)に備える保証コストは、この日一時5.4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し、55bpを上回った。変化率は11%と昨年3月20日以来で最大となった。

  投資家の間では、米国の賃金上昇がインフレを促進し、利上げを加速させるとの懸念が強まっている。ブルームバーグの集計データによれば、投資適格級とハイイールドのクレジットデリバティブ指数の取引高は、月曜日の平均の300%超える水準に急増した。

原題:Credit Traders Are Hedging Like Mad Amid the Stock-Market Plunge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE