株式・債券の下げ「想定内の調整」-ブリッジウォーターのダリオ氏

  • 押し目買い入れる多額の現金が存在するが、次の動きが重要と同氏
  • 典型的な終盤サイクルの動きであり、適切な金融政策は難しいと同氏

世界最大のヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツの創業者であるレイ・ダリオ氏

Photographer: Jason Alden/Bloomberg

世界最大のヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツの創業者であるレイ・ダリオ氏は、複数の主要株式・債券市場での最近の相場下落について、深刻に受け止めない立場を示した。

  ダリオ氏は5日のリンクトインへの投稿で、「今回のような大幅な下げは、想定範囲内のわずかな調整にすぎない。押し目買いを入れる多額の現金が傍らに存在する。次に何が起きるかが非常に重要になるだろう」と主張した。

  同氏は「財政刺激策によるアクセルが、生産能力の逼迫(ひっぱく)と金利上昇を招き、それに伴い最初に市場、次に実体経済の順番でブレーキがかかる」とした上で、「典型的な終盤サイクルの動き」であり、この局面での適切な金融政策は難しいと分析。「われわれの予想より早くこれが起きつつある」と指摘した。

原題:Bridgewater’s Dalio Says Market Declines Are ‘Minor Corrections’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE