取引終盤の米株急落でもトレーダーは冷静-ブルームバーグ調査

  • トレーダー、運用担当者の調査では急落の具体的要因は指摘されず
  • クオンツ取引のアルゴリズムが関与した可能性を示唆する声も
Traders work on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Monday, Feb. 5, 2018. Photographer: , Michael Nagle/Bloomberg
Photographer: , Michael Nagle/Bloomberg

ニューヨーク時間5日午後3時(日本時間6日午前5時)頃に始まった米株急落にもかかわらず、ウォール街のトレーダーらはおしなべて、パニックは起こらないと冷静な見方を示している。

  ブルームバーグ・ニュースが証券会社と機関投資家のトレーダー・運用担当者計10人を対象に実施した緊急調査では、経済・ファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)のデータや材料など、急落を引き起こした具体的な要因は指摘されなかった。

  ただ、トレーダーの中には、クオンツ取引のアルゴリズムと売りプログラムが関与した可能性に言及する者もいた。投資家はプット・オプションを売ったり、ロールダウン(既存のオプションのポジションを手じまい、権利行使価格が低いオプションを新たに持つこと)を行ったりすることでヘッジを収益化したため、新たなプロテクションを求める声はほとんど聞かれなかった。

  セルサイドのトレーダーらはファンダメンタルズ関連の要因はほとんど見当たらないと指摘。他のトレーダーらも材料がないとしたが、セルサイドのトレーダーの一人は「上場投資信託(ETF)が全てを引き起こしたようだ」と述べた。

原題:Traders Aren’t Panicking Despite Massive Late-Session Stock Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE