アジア株下落、前週末の世界株安引き継ぐ-債券利回り上昇に反応

  • 香港のハンセン指数は1.1%安、中国本土の上海総合指数は0.7%上昇
  • 韓国総合株価指数は1.3%安、オーストラリアは1.6%下落

5日のアジア株式相場は下落。世界的な債券利回り上昇に対応した投資家の調整で2年で最悪の世界株安となった前週末の流れを引き継いだ。

  ロンドン時間午前10時31分ごろで、MSCIアジア太平洋指数は1.4%安と約1年2カ月で最大の下げとなり、1カ月ぶり安値。香港のハンセン指数は1.1%安で引けた。韓国総合株価指数は1.3%安、オーストラリアのS&P/ASX200指数は1.6%安。一方、中国本土の上海総合指数は0.7%上昇。

原題:Global Equity Slump Deepens as Rate Fears Grow: Markets Wrap(抜粋)
Stocks Extend Selloff as Dollar Drops; Gold Rises: Markets Wrap

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE