サムスンの李在鎔副会長、高裁で執行猶予付き判決-即日釈放

更新日時
  • 高裁判決は懲役2年半、執行猶予4年-一審は懲役5年の実刑
  • 拘置所から即日釈放、サムスン復帰など今後の処遇は不明

韓国の朴槿恵前大統領の罷免につながった贈収賄スキャンダルで、ソウル高裁は5日、サムスン電子副会長の李在鎔被告に対し懲役2年6月、執行猶予4年を言い渡した。一審では贈賄などの罪で懲役5年の実刑判決が下され、李被告が控訴していた。

  聯合ニュースによると、李被告はこの日の判決が出るまで353日拘束されていた。検察は当初、李被告について懲役12年を求刑していた。

  この判決を受け、李被告はソウル拘置所から即日釈放された。被告が直ちにサムスンに復帰し正式な役職に就任するのかは明らかでない。

ソウル拘置所から釈放されたサムスン電子の李在鎔副会長(5日)

Photographer: Jean Chung/Bloomberg

原題:Samsung’s Jay Y. Lee Set Free in Unexpected Court Reversal (1)(抜粋)

(3段落目を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE