米国務長官:ベネズエラへの石油制裁検討-憲法順守へ政権に圧力

  • ベネズエラ産石油の輸入と米国産石油精製品の輸出を制限する案検討
  • トランプ大統領:米への麻薬密輸を阻止しない国への支援停止したい

ティラーソン米国務長官は4日、米国がベネズエラの石油産業への制裁を検討していることを明らかにした。南米歴訪中の同長官はアルゼンチンで語った。トランプ大統領は2日、米国への麻薬密輸を取り締まらない国への支援を停止する意向を示している。

ベネズエラのマドゥロ大統領

写真家:Carlos Becerra / Bloomberg

  ティラーソン長官は、ベネズエラのマドゥロ大統領が現行憲法を順守するよう圧力を加えるため、ベネズエラ産石油の輸入と米国産石油精製品の輸出を制限する制裁措置を講じる可能性について、アルゼンチン首脳との会談で触れたと述べた。

  ティラーソン長官はブエノスアイレスでアルゼンチンのフォリー外相と共同会見し、ベネズエラの深刻な危機に言及。「石油制裁検討の一つの側面は、それがベネズエラ国民にどのような影響を及ぼすかであり、それが混乱収束につながり得る措置なのかということだ。なぜなら、何もしないことは、ベネズエラ国民にもっと長い間、苦しみに耐えるよう求めることでもあるからだ」と説明した。

  トランプ大統領は2日、米税関国境警備局(CBP)のイベントで演説し、「いまは名指しはしないが、私はこれらの国と、米国がこれらの国に送った支援の数字を考える。米国は大規模な援助をしているが、彼らは米国に大量の麻薬を送り込み、われわれをあざ笑っている」と語った。

原題:Tillerson Presses Venezuela as Trump Aid Threat Looms Over Trip(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE