米国で仮想通貨購入目的のクレジットカード使用禁止の動き広がる

From
  • BofAとシティが2日、JPモルガンが3日に発表
  • 仮想通貨取引に関連した信用リスクを回避したい-JPモルガン
Bank of America Corp. signage is seen with street reflections on a window in New York, U.S., on Wednesday, Oct. 12, 2016. Photographer: Mark Kauzlarich/Bloomberg
Photographer: Mark Kauzlarich/Bloomberg

米大手クレジットカード発行会社の間で、ビットコインなど仮想通貨購入を目的とするクレジットカード使用を禁止する動きが広がっている。

  JPモルガン・チェースとバンク・オブ・アメリカ(BofA)、シティグループは自行のクレジットカードを使った仮想通貨購入を停止すると相次いで発表した。JPモルガンは3日に同措置を公表。広報担当のメアリー・ジェーン・ロジャーズ氏は仮想通貨取引に関連した信用リスクを回避したいと説明した。

  BofAは2日、既知の仮想通貨取引所とのクレジットカード取引禁止を開始した。内部文書によれば、同措置は全ての個人・法人クレジットカードに適用される。同行の広報担当ベティ・リース氏によれば、デビットカードは適用外となる。

  シティグループは2日遅く、クレジットカードによる仮想通貨購入を停止すると発表。広報担当ジェニファー・ボンバーディア氏は、「この市場の進展に伴い、当行は方針の再検討を続ける」と述べた。

原題:Bitcoin Ban Expands Across Credit Cards as Big U.S. Banks Recoil(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE