トランプ米大統領:移民問題で民主党とDACA撤廃前の合意不可能も

Demonstrators hold illuminated signs during a rally supporting the Deferred Action for Childhood Arrivals program (DACA).

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

トランプ米大統領は2日、幼少期に親に連れられ米国に入国した不法移民の若者「ドリーマー」の在留を認める措置(DACA)に関し、3月5日の撤廃前に民主党との間で移民問題で合意に達するのは不可能かもしれないと述べ、交渉への態度を硬化させた。

  トランプ大統領は、バージニア州スターリングにある米税関国境警備局(CBP)の施設で開かれた円卓会議で、「われわれは合意を望んでいる。彼らは政治目的のために利用したいのだと思う」と語り、民主党の交渉姿勢に「不快感」を示した。

  大統領はこれまで、ドリーマーを助けたいとする一方、メキシコとの国境の壁建設資金を確保することを条件としており、それには民主党が強く反対している。以前にも同党との妥結に悲観的な発言をしていた。

  トランプ大統領はこのほか、米国から対外援助を受けながら、麻薬・違法薬物の供給源となっている国に対し、「そうした国々はわれわれの友人ではない。援助を打ち切りたい」と語った。

原題:Trump Says Immigration Deal May Not Be Possible Before DACA Ends(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE