ECBは次の危機で限界試される恐れ、政府に改革を要請-クーレ理事

  • 景気拡大が全ての問題を解決してくれると考えるのはナイーブ
  • マイナス金利の深掘りや高リスク資産の購入が必要になる恐れ

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事は2日、欧州各国政府が通貨同盟を強化する計画を進展させなければ、次の危機に見舞われた時にECBは負託された権限を限界まで試さなければならなくなる恐れがあると警鐘を鳴らした。

  同理事はスロベニアの首都リュブリャナ近郊で講演し、「次の危機の性質次第だが、ECBは短期マイナス金利のさらなる深掘りや、公債と社債よりもリスクの高い資産購入が必要になるかもしれない。あるいは、財政ファイナンスに危険なほど近い政策を取らざるをえなくなるかもしれない」と語った。

  「現在の景気拡大が全ての問題を解決してくれると考えるのはナイーブだ。ユーロ圏には改革が必要だ」と強調した。

原題:Coeure Urges Reforms or Next Crisis May Test Limits of ECB (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE