債券売り、超長期債に及ぶ-1日の米国債市場で30年債利回り3%突破

  • 10年債利回りも2.8%に向け上昇し、今年の最高となった
  • 「波乱が1日遅れてやってきたのだろう」-シューマッハー氏

債券売りが超長期債にも及び、1日の米国債市場で30年債利回りが3%を突破した。10年債利回りも2.8%に向け上昇し、今年の最高となった。

  年金基金や指数連動ファンドからの月末の買いがなくなったほか、アジアからの需要も見られなかった。米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明が発表された1月31日は債券市場の波乱が見込まれたが、2月1日は穏やかな日となるはずだった。

  ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズの金利戦略責任者、マイク・シューマッハー氏は、1月31日には「山のようなイベントリスクがあった」ので「非常に変動の激しい1日になると思っていたが、結局は穏やかだった。波乱が1日遅れてやってきたのだろう」と話した。

原題:Bond-Market Pain Reaches 30-Year Treasuries as Yield Breaches 3%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE