「テスラ」ブランド売り込み、ホーム・デポと協力しソーラー分野でも

  • ホーム・デポの800店舗でテスラが販売スペース確保へ
  • ホームセンター運営で米2位のロウズとも協議と関係者

米テスラはホームセンター運営の米ホーム・デポを通じて、ソーラー事業の大規模な拡張を計画している。

  電気自動車(EV)メーカーとしてよく知られているテスラは、ホーム・デポの800店舗で「テスラ」ブランドのソーラー製品を売り込むスペースを確保する。ブルームバーグ・ニュースに対してテスラが認めた。販売スペースは今年1-6月(上期)に整備され、テスラの従業員が同社のソーラーパネルや家庭用蓄電池「パワーウォール」などの紹介や説明を行う。

テスラのソーラールーフを設置した家

Source: Tesla Motors

  事情に詳しい関係者は、ホームセンターチェーンでホーム・デポに次ぐ米2位のロウズも、テスラとソーラー製品の販売について協議していることを明らかにした。

  関係者の1人が非公開情報だとして匿名を条件に述べたところによれば、ホーム・デポではいずれかの時点でテスラが発売したばかりの「ソーラールーフ」も販売される可能性がある。テスラとホーム・デポ、ロウズはコメントを控えている。

  ホーム・デポは以前、テスラが2016年に買収したソーラーシティーと関係があった。テスラのウェブサイトによると、平均的なソーラーパネルシステムのコストは1万-2万5000ドル(約110万-274万円)で、蓄電池を7000ドルで追加できる。ソーラールーフは平均的な住宅向けで約5万2000ドル。

原題:Tesla Expands Sales of Solar Gear at Home Depot in Critical Test(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE