ブリッジウォーターのイタリア・ビッグショート3290億円-総選挙控え

  • インテーザ・サンパオロ株の売りポジションも最近積み増し
  • ショートポジションは同行やアトランティアなど18社が対象

資産家のレイ・ダリオ氏が創業した世界最大のヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツは、イタリアの次期総選挙を3月4日に控えて、イタリアの銀行や保険会社関連の資産が下落する方向に賭ける投資を増やしている。

  ブルームバーグが集計したデータによれば、ブリッジウォーターは金融セクターを中心に過去3カ月でイタリア企業のショートポジションを3倍に増やした。3月のイタリア総選挙は圧倒的な勝者がいないと広く予想されており、政権発足は困難を伴い、欧州連合(EU)当局や投資家が期待する広範な経済改革の実行が難しくなりそうだ。

  ブリッジウォーターはイタリア企業関連株のショートポジションを18社を対象とする30億ドル(約3290億円)相当に拡大した。昨年10月段階では11億ドル相当だった。運用資産額約1600億ドルの同社は、運輸インフラ管理会社アトランティアの売りポジションを30日に公表。イタリアの銀行インテーザ・サンパオロのポジションが最も大きく、過去数営業日でさらに積み増した。

  1日のイタリア株式市場でインテーザの株価は一時1.3%、アトランティアは1.9%それぞれ下落した。ブリッジウォーターとインテーザ、アトランティアの広報担当者は、いずれもコメントを控えている。

Company NameCountryPrice Change in %
(3 Months)
Value of Short
($ Million)
Short Interest (%)
Intesa SanpaoloItaly10.3-628-1.0
ENIItaly3.5-607-0.9
ENELItaly-4.4-601-0.9
UnicreditItaly9.2-347-0.7
Assicurazioni GeneraliItaly1.2-189-0.6
CRHIreland-6.8-162-0.5
AtlantiaItaly-4.7-136-0.5
SNAMItaly-10.5-87-0.5
AndritzAustria1.1-69-1.1
TernaItaly-5.5-61-0.5
PrysmianItaly-4.4-55-0.7
MediobancaItaly3.9-54-0.5
MonclerItaly8.3-43-0.5
Banco BPMItaly2.6-41-0.7
LeonardoItaly-34.9-40-0.5
FinecobankItaly26.4-38-0.5
UBI BancaItaly4.4-37-0.6
BPER BancaItaly14.6-20-0.7
Azimut HoldingItaly8.6-20-0.6
Unipol GruppoItaly13.7-20-0.5

Source: Bloomberg, company filings
Data as of 15:57 GMT

原題:Bridgewater Triples Bets Against Italian Firms to $3 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE