ソニー:吉田CFOが社長、平井氏は会長に-右腕からトップへ

更新日時

吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO)

Photographer: Akio Kon/
Photographer: Akio Kon/

ソニーは2日、吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO)が4月1日付で社長兼最高経営責任者(CEO)に昇格すると発表した。十時裕樹執行役は代表執行役CFOに、平井一夫社長は会長に就く。

  平井氏は2012年4月に社長に就任、テレビ事業の不振などで落ち込んでいた業績の立て直しに取り組み、事業売却や分社化などの構造改革を進めた。半導体や音楽事業の好調もあり、今期(2018年3月期)の営業利益が20年ぶりの過去最高と見込まれる中、新体制に移行する。

  平井社長は2日夕の会見で、新しい中期経営計画に移行するこのタイミングがトップ交代にふさわしいと判断したと指摘。吉田氏について「戦略的な思考と幅広い知見、強固なリーダーシップを兼ね備え、これからのソニーを託するに最もふさわしい人物だ」と述べた。

  吉田CFOは経営再建に向け平井社長の右腕として、事業再編に大鉈(なた)を振るった。同氏は平井氏のもとで、パソコン事業の売却やテレビ事業の分社化、エレクトロニクス事業の収益改善などに関わった。来期以降は自らが経営トップとしてさらなる事業拡大に臨むことになる。

グル―バル競争力

  会見で吉田氏は「責任の重さを痛感している」と言及。これまでも平井社長とグローバルな競争力を高め、生き残っていくための危機感を共有してきが、「多様性を強みにしていけるかがわれわれの課題であり、より良いソニーを作っていくために経営チーム、社員と共に取り組んでいく」と抱負を述べた。

  米国モーニングスターの伊藤和典アナリストは、「ソニーの収益回復が本格化したのは吉田氏を抜擢した後」と指摘。実務を担い、会社内にガバナンス(企業統治)をもたらしたのは同氏の功績とみており、株式市場関係者の間でも「好感をもって受け止められるのではないか」と分析した。

(平井氏の社長就任時期を2012年4月に訂正済みです)

(第6段落のアナリストコメントを差し替えました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE