ゴールドマン:北海ブレント原油は80ドル突破へ-短期予想を引き上げ

  • 3カ月で75ドル、半年以内に82.50ドルと従来の62ドルから上方修正
  • 市場は均衡状態にある可能性が高いとゴールドマン

米銀ゴールドマン・サックス・グループは短期的な原油相場見通しを最大33%引き上げ、現時点で市場は均衡状態にある可能性が高いと指摘した。

  ダミアン・クーバリン氏らゴールドマンのアナリストは、電子メールで配布したリポートで、北海ブレント原油が今後3カ月で1バレル=75ドル、半年以内に82.50ドルに達すると予想した。従来の見通しはいずれも62ドルだった。

  ゴールドマンのアナリストらは「当社の予想より半年早く、原油市場の均衡回復が達成された可能性が高い」とリポートで指摘。「ベネズエラの生産減少に加え、著しい需要の伸びや石油輸出国機構(OPEC)の減産順守率の高さ、大掛かりな保守・点検の影響で、2017年終盤に余剰在庫の減少が早く進んだ」と説明した。

原題:Goldman Says Oil to Surpass $80 With Market Likely Balanced (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE