Photographer: Jin Lee

ストリップクラブで開催の北米ビットコイン会議-来年は会場にも配慮

From
  • 企業スポンサーのCEO、会場がストリップクラブとは知らなかった
  • 会場選択は間違い、来年は男女間バランスも改善させる-キーノート

仮想通貨ビットコインの北米会議は米フロリダ州マイアミで1月半ばに開かれた。18日のイベントには5000人が招待され、会場では10時間にわたりスピーチが続いた。この「ネットワーキングパーティー」の会場となったのは2万平方フィート(約1858平方メートル)のストリップクラブ「E11EVEN」だが、そのことはアジェンダには記載されていなかった。

  このイベントは一応、午後11時に終わった。だが多くの参加者が会議のバッジを着けたまま、会場にとどまりパーティーを続けた。トップレスや下着姿の女性がドリンクを配った。

  ニューヨークの仮想通貨トレーダー、ジェフ・スコット氏は「20代のお金ある男たちだし、みんな裸の女性が好きだ」と語った。ヘッジファンドのアナリストや新興企業2社のトップらと同じテーブルを囲んだ同氏は、自身がストリップクラブで楽しむいつもの夜とあまり変わらないイベントだったと言い、「お気に召さなくても、それはそれで結構だが、僕らが変わるとは思わないでほしい」と述べた。

マイアミの「E11EVEN」でのビットコイン会議

出典:Twitter

  誰もがスコット氏に同意するわけではない。今回のイベントのコーポレートスポンサー、ダッシュ・コア・グループの最高経営責任者(CEO)は会場がストリップクラブとは知らず、「深く失望した」と表明。何人かの女性参加者は居心地が悪かったと打ち明け、会場には行かなかった女性も多い。

  この会議を組織したキーノートのモー・レビンCEOは電話インタビューで、「ネットワークづくりにとって理想的なレイアウト」だと会場の選択について指摘。ヌードパフォーマンスは午後11時まで行われなかったし、それ以降の時間で会場にいた人が不愉快と感じたなら、それは会議主催者側の責任ではないと述べていた。

  だが同CEOは電話インタビューの数時間後に送付してきた電子メールで、「ネットワーキングパーティーをE11EVENで開催したのは間違いだった」とコメント。「われわれは常にできるだけ開放的で、安全な環境を生み出すことを目指している」と説明した。

  キーノートはまた、来年の会議では討論会でのスピーチに招待する女性を増やし、男女間のバランスを改善させる方針だ。オンライン上に公開されているプレゼンターリストによれば、今年は88枠のうち85枠が男性に割り当てられていた。

原題:A Bitcoin Conference Rented a Huge Strip Club. Regret Ensued (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE