シャノン米国務次官が辞任へ-国務省高官ポストの空席また増える

  • シャノン氏は中南米情勢に詳しいベテラン外交官だった
  • シャノン氏は個人的理由で辞職すると同僚らに説明した

米国務省のシャノン国務次官(政治担当)が辞意を表明した。同氏は国務省のナンバー3で、中南米情勢に明るいベテラン外交官だった。同省の高官ポストがまた一つ、空席となる。

  シャノン次官(60)は1月31日、ティラーソン国務長官に対し、後任が見つかり次第、辞任する意向を伝えた。同氏はブラジル大使などを歴任、34年余り米外交に携わってきた。同僚に宛てた文書で、シャノン氏は個人的理由で辞職すると説明した。シャノン氏の退任後、同省の副長官、次官、参事官ポスト計9つのうち、軍備管理担当次官など7つが空席となる。

原題:Tillerson Loses Top Career Diplomat as Tom Shannon Retires (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE