米アップル売上高見通し、市場予想に届かず-アイフォーン販売減

更新日時
  • アイフォーン販売は7730万台と、前年同期比で1%減少
  • 「X」の売れ行きは比較的好調、平均販売価格を押し上げ

アップルが1日に示した1-3月(第2四半期)の売上高見通しは市場予想を下回った。昨年のホリデー商戦期間を含む四半期の「iPhone(アイフォーン)」販売もアナリスト予想に届かず、主力製品の需要鈍化を示唆した。

  1-3月期売上高は600億-620億ドル(約6兆5600億-6兆7800億円)の見通し。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均は659億ドルだった。

  2017年10ー12月(第1四半期)のアイフォーン販売は7730万台と、前年同期比で1%減少し、アナリスト予想平均の8020万台を下回った。平均販売価格は796ドルで、予想を上回っており、最上位機種「アイフォーンX(テン)」の売れ行きが比較的好調だった一方、低価格機種は人気があまりなかったことをうかがわせた。

  アイフォーン需要を巡っては、アップルがサプライヤーへの発注を減らしたとの最近の報道を受け、アナリストが予想を下方修正するなど懸念が浮上していた。

  10-12月期の売上高は883億ドル、1株利益は3.89ドルで、アナリスト予想平均を上回った。

  ルカ・マエストリ最高財務責任者(CFO)は、17年10-12月期は前年同期に比べて1週間短く、アイフォーン販売台数を抑える要因となったと指摘。「当社は示した見通しに極めて満足している」と述べ、全ての地域でアイフォーン販売が好調だった点に言及した。

  ティム・クック最高経営責任者(CEO)はインタビューで「アイフォーンXは最も人気の高いスマートフォンであり、昨年11月初めに発売して以来、毎週最もよく売れるアイフォーンとなっている」と述べ、「これほど誇らしいことはない」と語った。

  

Price Spike

The cost of the iPhone X pushed the cost of the flagship device into new territory

Source: Bloomberg

原題:Apple Forecast Falls Short as IPhone Sales Miss Estimates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE