ロシア疑惑の捜査に関する機密文書、共和党が内容変更と民主党が批判

米大統領選へのロシア干渉疑惑を巡る連邦捜査局(FBI)の捜査方法に関する機密情報に基づく文書を巡り、民主党議員らは、精査のためホワイトハウスに送る前に下院共和党議員らが内容を変更したと批判した。

  下院情報特別委員会の民主党筆頭理事であるアダム・シフ議員は、ニューネス委員長(共和、カリフォルニア州)率いる同委の共和党議員らが行った変更について委員は「全く知らされず、精査の機会もなく、決して承認しなかった」と言明した。

  シフ議員は、この文書の撤回、ならびに委員会による公表の是非を巡る新たな採決実施を要求。文書は現在ホワイトハウスが精査しており、公表の是非やどの程度の公表が可能かについて判断を下す。

  ニューネス委員長のスポークスマン、ジャック・ランガー氏は、シフ議員が文法的誤りの修正といったささいな変更について批判しているとしたほか、文書の編集はFBIと民主党議員が要請したものだと述べた。

  この主張に対し民主党側は反論。シフ議員が文書の変更について「重大かつ実質的」なものと指摘したと、ジム・ハイムズ下院議員(民主、コネティカット州)は1日、MSNBCテレビで語った。文書の変更は、議会の慣習にも反する。

  ハイムズ議員は「機密指定を解除し、委員会が文言の一部公表を巡り採決を行うのであれば、それを変更してはならない」と述べた。

原題:Democrats Say GOP Altered Probe Memo as Nunes Pushes Release (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE