ブラックストーン、10-12月利益が予想上回る-相場上昇など寄与

世界最大のプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社、ブラックストーン・グループの10-12月(第4四半期)利益は前年同期比4.8%増加した。全般的な相場の上昇で保有資産の価値が高まった。

  1日の発表によると、未実現利益を含めた経済的純利益(ENI)は1株当たり71セント。ブルームバーグがまとめたアナリスト14人の予想平均は68セントだった。未公開企業、公開企業の株式がいずれも値上がりした。

  資産売却やファンド管理手数料など現金利益を反映する分配可能利益は12億ドルと、前年同期の6億3900万ドルから急増。大型の欧州不動産資産の売却が寄与した。

  ブラックストーンのスティーブ・シュワルツマン最高経営責任者(CEO)は新事業の開拓を進めており、1月30日にはトムソン・ロイターのファイナンシャル&リスク(F&R)事業の過半数株式を取得することで合意したと発表した。

原題:Blackstone Profit Tops Estimates on Buyout, Real Estate Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE