中国アリババ:通期売上高見通し上方修正、アント株33%取得へ

  • アントの新株の代償として知的財産権を譲渡、利益共有を終了
  • 10-12月期は売上高と調整後利益が予想上回る

中国の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディングは通期の売上高見通しを上方修正した。金融関連会社の螞蟻金融服務集団(アント・ファイナンシャル)の株式33%取得で合意したことも明らかにした。

  1日の発表によると、2018年3月通期の売上高は前年度比55-56%増える見込み。従来は49-53%の増収を予想していた。アントの新株取得の代償として幾つかの知的財産権を譲渡し、利益を分け合う現在の取り決めを終了させるという。

  この日発表した2017年10-12月(第3四半期)決算では、売上高と調整後利益が予想を上回った。売上高は前年同期比56%増の830億3000万元(約1兆4500億円)、調整後1株利益は10.61元。市場予想はそれぞれ797億元、10.53元だった。

原題:Alibaba to Buy 33% Stake in Ant Financial, Paving Way for IPO(抜粋)
Alibaba Raises Forecast, Agrees to Buy 33% of Ant Financial

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE