英中銀は5月に0.25ポイント利上げへ、移行期合意なら-UBSが予想

  • 3月の首脳会議までに離脱の移行期間で合意することが前提条件
  • 5月に追加利上げすれば英経済へのリスクは上積みに

UBSはイングランド銀行の次回利上げ時期予想を前倒しした。

  ストラテジストのジョン・レイス氏は1月31日付のリポートで、同中銀が5月の会合で0.25ポイントの利上げを実施すると予想した。昨年11月の利上げの後に公表した見通しでは、2019年末まで追加利上げはないと予想していた。

  ただ、5月利上げ予想は英政府と欧州連合(EU)が3月下旬の首脳会議までに離脱の移行期間について合意することが「明らかに前提条件」だとしている。

  利上げ時期の予想は変更したものの、昨年11月の利上げは英経済へのリスクだったとの考えを維持しており、5月に追加利上げすればリスクを上積みすることになると考えていると付け加えた。

原題:UBS Predicts BOE Rate Hike in May If Brexit Transition Agreed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE