クオンツファンド首位クオンテッジ、投資家資金を複数年ロックアップ

  • 3年か5年に資金固定、ファンドと投資家の一層の安定図る
  • 17年は38%のプラスリターン、同種のファンドで首位

クオンツ系ヘッジファンドとして昨年の成績が世界最高だったクオンテッジ・グローバル・ファンドは、顧客が資金を引き出せないロックアップ期間を複数年設ける手段に打って出る。シンガポールを本拠とする同ファンドは10億ドル(約1090億円)余りの資産を保有する。

  ブルームバーグが入手したニューズレターによると、昨年38%のプラスリターンを上げたシンガポール拠点のクオンテッジは、2月に2種類の株式クラスの導入を計画。これにより、投資家は運用期間を3年か5年に固定する契約に切り替えなくてはならない。これまでは月単位で流動性が確保されていた。同ファンドのパフォーマンス連動型報酬は20%のまま変わらないが、2%だった年間管理手数料は期間3年の株式クラスで1.8%、同5年で1.5%にそれぞれ引き下げられる。

  クオンテッジはニューズレターで、「流動性低下を受け入れようとする投資家に対しては、その選択肢を手数料の引き下げと引き換えに提供するのがフェアだろう」と説明。「長期の資本を持つことでファンドおよび投資家に一層の安定がもたらされる」と記した。同社はニューズレターの内容を確認した。

  ファンド業界はさえないリターンや手数料の高さなどについて投資家から批判を浴びており、こうした環境下でロックアップ期間を設定するのは異例。クオンテッジは7月までに期間3年の株式クラスに資金を移動する投資家には12カ月間の手数料を、5年では24カ月間分をそれぞれ免除する。

  06年に300万ドルだったクオンテッジの資産は昨年12月時点で17億ドルに増加。同ファンドはマクロ経済のテーマに賭ける数学モデルを採用している。調査会社ユーリカヘッジによると、17年は資産規模10億ドル超のクオンツヘッジファンドでパフォーマンス首位、世界のマクロファンドの平均リターン3.6%を上回った。

Robust Returns

Quantedge Global Fund gained 38 percent last year

Source: Quantedge newsletter

2006 returns are since October 2

原題:World’s Top Billion-Dollar Quant Plans Multiyear Client Lockups(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE