【NY外為】ドル指数低下、FOMC声明受け一時は上昇に転じる

更新日時
  • ドルは円に対し上昇、米国債利回りの上昇も支えに
  • FOMCは声明でインフレ見通しを上方修正、追加利上げへ舞台整備

31日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対円で上昇、ユーロなどその他主要通貨の多くに対して下落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)が政策を据え置く一方で追加利上げの可能性を示したことを受け、ドル指数は下げを埋めて上昇に転じる場面があった。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は一時は0.5%下げたが、FOMC声明の発表直後に下げをほぼ埋めた。ドルは円に対して一段高となって1ドル=109円45銭で日中高値を付け、ユーロに対しては下げ幅を縮小した。

  ニューヨーク時間午後4時30分現在、ドル指数は前日比0.2%低下。ドルは対円で0.4%高の1ドル=109円19銭。対ユーロでは0.1%下げて1ユーロ=1.2412ドル。

  ドル指数は1月に3.4%低下し、月間としては2016年3月以降で最大の下げとなった。

  FOMCは最新の声明でインフレ見通しを上方修正。市場に基づくインフレ調整指標はここ数カ月に上昇したと指摘したほか、インフレ率は「今年上昇」するとの見方を示した。

  米10年債利回りはこの日上昇し、一時は14年4月以降で初めて2.75%を突破。2年債利回りが約10年ぶり高水準となったことは、国債利回りに敏感な対円相場で特にドルの支援材料となった。

欧州時間の取引

  トランプ米大統領の一般教書演説に政策関連の手掛かりがほとんど含まれなかったことから、ドルが主要通貨の大半に対して下落。ドル強気派は米金融当局から支援材料が出るのを待った。

原題:Dollar Briefly Rebounds as FOMC Sticks to Gradual Pace of Hikes(抜粋)
Dollar Extends Trump-Speech Drop Before Fed Meet as Euro Gains(抜粋)

(相場を更新し、第4段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE