ECBクーレ理事:為替の動きが政策の引き締めリスク高める (訂正)

訂正済み

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事は、最近の為替レートの動きが不必要に金融政策を引き締めるリスクを高めていると指摘した。

  クーレ理事はアイルランドのRTEとのインタビューで、「かなりのボラティリティーを最近目にしている。この種のボラティリティーがわれわれの金融政策の正当化されない引き締めにつながる場合、われわれは見直しと検討を行う必要が出てくるだろう」と述べた。

  同理事は「貿易戦争は常に負けにつながる提案だ」とも語った。インタビューのテキストが31日にECBのウェブサイトで公開された。

原題:ECB’s Coeure Says Forex Volatility May Tighten Policy (Correct)(抜粋)

(ECBのテキスト訂正に伴い第2段落の発言内容を「われわれの金融政策」に訂正します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE