Photographer: Eric Thayer/Bloomberg

ゴールドマン、商品COOのカステュロ氏が退社へ-最悪の1年の後

  • カステュロ氏に加え、トレーダー数人が退社へ-関係者
  • 2017年の天然資源事業は株式公開以降で最悪

ゴールドマン・サックス・グループの商品部門で、最高執行責任者(COO)のドン・カステュロ氏とトレーダー数人が退社する。同社の天然資源事業の2017年業績は過去最悪だった。

  欧州商品トレーディング責任者だったカステュロ氏は昨年、商品部門COOに就任した。ゴールドマンには20年間在籍していた。ブルームバーグ・ニュースが入手した文書の内容を同社が確認した。商品部門責任者だったグレッグ・アグラン氏は昨年退社している。

  事情に詳しい関係者が匿名を条件に述べたところによると、そのほかロンドン在勤の原油トレーディング担当マネジングディレクターのサード・ウスマニ氏など数人が退社する。

  ゴールドマンは数十年にわたり商品事業でウォール街に君臨してきたが、昨年は同部門の純収入が前年比で約75%減り、上場企業となって以来最悪の1年を経験した。

原題:Goldman Sachs’s Casturo to Depart After Commodities Slump (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE