米ボーイング株急伸、決算が予想上回る-737の好調や米減税が寄与

  • 2018年の営業キャッシュフロー、150億ドルへの増加を予想
  • 法人税率の低下に加え、ドリームライナーも黒字

米航空機メーカー、ボーイングの2017年10-12月(第4四半期)決算は利益と売上高がともに市場予想を上回った。同社最大の収益源である737の納入急増に後押しされた。米減税による一時利益も予想外に大きかった。

  税効果による利益は10-12月に1株当たり1.74ドルだった。ボーイングでは減税の効果が今年はさらに増えると見込んでいる。法人税率の低下に加え、同社は過去約10年にわたって損失が続いた787(ドリームライナー)も利益を生み始めている。

Money Machine

Boeing expects that cash flow will continue to climb this year

Source: Boeing data compiled by Bloomberg

Note: Company forecast for 2018 is about $15 billion

  ボーイングは決算発表で、通期の売上高が2015年以降で初めて増加に転じるとの見通しを示した。営業キャッシュフローは150億ドル(約1兆6400億円)に拡大する見込みだ。

  同発表によると、10-12月の調整後利益は1株当たり4.80ドル。税効果を除いたベースでは同3.06ドル。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は2.90ドルだった。売上高は前年同期比8.9%増の254億ドル。アナリスト予想平均は247億ドルだった。

  ボーイングの株価は一時6.9%上昇した。

原題:Boeing Surges as Fast 737 Max Start, U.S. Tax Cut Bolster Profit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE