Photographer: Akio Kon/Bloomberg

円の下落見込む、日銀の出遅れで-ドルは115円に向かうとアムンディ

  • 日銀は少なくとも今年前半には金融緩和を縮小しないだろう
  • ドルは109円前後の現水準なら買いの好機-ブラッドショー氏
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

日本銀行は少なくとも今年前半には金融緩和を縮小しないとみられるため、円はドルとユーロに対して下落すると、資産運用会社のアムンディが予想した。

  米連邦公開市場委員会(FOMC)は今年3回の追加利上げを実施するとみられ、欧州中央銀行(ECB)は資産購入の終了に近づいていると、世界債券責任者のマイルズ・ブラッドショー氏が指摘。ドルは109円前後の現水準なら買いの好機で、115円に向かって上昇する公算が大きいとみている。

  「当社は現在円をアンダーウエートの配分にしている。この水準なら円売り・ドル買いだ」とブラッドショー氏がインタビューに答え語った。「インフレ動向とインフレ期待という点で、日本はさらに遅れつつある。従って日銀は政策正常化についてより辛抱強くなるだろう」と分析した。

原題:Amundi Bets Against Yen as BOJ Trails in Policy Tightening (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE