コンテンツにスキップする

イングランド銀総裁:インフレ対処に注力、EU離脱の悪影響薄まった

  • 英経済のスラック解消、金融政策は伝統的な分野へ-カーニー氏
  • イングランド銀は来週、政策判断と経済予測を発表する

イングランド銀行のカーニー総裁は、英国の欧州連合(EU)離脱を原因とした投資や景気への逆風が弱まり始めているとし、これからはインフレへの対処に完全に集中できると語った。

  カーニー総裁は30日、「英経済のスラック(たるみ)は取り除かれ、金融政策としてより伝統的な分野へとわれわれは移行した。そこでは、インフレが適切な時間枠の中で目標水準に向かって持続的に戻るようにすることが政策の焦点となっていく」と発言。世界的な成長と需要の盛り上がりを一因に、2019年に投資は上向くだろうとの見通しも示した。

  イングランド銀行は2月8日、政策判断と新たな経済予測を発表する。

原題:Carney Says Brexit Battle Is Switching to Tackling Inflation (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE