コンテンツにスキップする

EU、英国の離脱後の金融サービスについて譲らず-関係者

  • カナダとの協定のような制限付きアプローチが唯一の選択肢とEU側
  • 将来の関係についての英・EU交渉は4月に開始される予定

英国が欧州連合(EU)離脱に関して、人の自由の移動などについて譲歩をしない限り、英国の銀行が離脱後もEU単一市場に制限なくアクセスすることはできないだろうと、欧州委員会が外交当局者らに説明した。ブリュッセルでの会合について知る関係者2人が明らかにした。

  英政府は同国の金融機関がEU市場への自由なアクセスを保持できる包括的合意を望んでいるが、EU側としてはカナダとの協定のような制限付きのアプローチが唯一の選択肢だと、欧州委が30日に加盟27カ国の代表らに説明した。完全なアクセスを確保できる「パスポート権」の可能性は全面否定されたという。

relates to EU、英国の離脱後の金融サービスについて譲らず-関係者

  将来の関係についての英・EU交渉は4月に開始される予定。欧州委が外交当局者らに述べたところによると、英国の金融サービス企業の単一市場アクセスは、カナダ型の通商協定、一部の同等性評価、規制面で協力の3つが土台になるという。

  EU外の企業によるEU市場へのアクセスの多くは、欧州委が特定の事業内容に関するある国の規則や監視体制がEUと同じくらい厳しいと判断する同等性評価に基づく。欧州委はこの評価を短い予告期間で撤回することができ、異議申し立ての権利もほとんど認められないため、英国はより良い条件を求めている。

原題:EU Is Said to Refuse to Budge on Post-Brexit Financial Services(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE