Photographer: Akos Stiller/Bloomberg

ビットコイン、1月は最悪の月-CFTCやフェイスブックが追い打ち

  • コインチェックでの580億円窃盗事件に続く悪材料
  • ビットコインは前月末比で約31%安、イーサリアムも値下がり

仮想通貨投資家にとって、この1月は忘れてしまいたい月だ。ビットコインは2013年12月以来の大幅な月間下落に向かっている。

  30日には米商品先物取引委員会(CFTC)が仮想取引所大手のビットフィネックスと仮想通貨を発行するテザーを調査していることが明らかになったほか、フェイスブックが自社のソーシャルネットワーク上で仮想通貨や新規仮想通貨公開(ICO)などの宣伝を禁止すると発表。日本の取引所コインチェックでの580億円窃盗事件に続いて悪材料が相次いでいる。

  ブルームバーグがまとめた価格情報によると、香港時間31日午前10時20分(日本時間同11時20分)現在、ビットコインは前月末比で約31%安の9817ドル。イーサリアムとライトコインの下落率も2%以上となっている。

  「規制監督と取り締まりが目立つようになってきている」と、オアンダでアジア太平洋地域の取引責任者を務めるスティーブン・イネス氏はシンガポールから電話で語った。「この流れが終わったとは思わない」とも述べた。

原題:Bitcoin Extends Cryptocurrency Slide Amid Facebook, Tether Fears(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE